哲学を偽装した人達の末路

アカデミズムでは認められそうもないので、徒党を組みテメエの本を売る場所とした人達。
哲人達はユダヤ人かゲイが多い……………
僕はどんな宗教だろうが、哲学だろうが、文学?だろうが、開かれない世界の言葉は眉唾だと思うようになってしまった。
「けだし」とか「なかんずく」とかの接続詞でブル勉を否定したその姿は、今となっては哀れで仕方が無い。
たった一つの発見で一生喰おうなんて、男らしくない!!!!!
僕なんか数々の発明を持って行かれても平気だったんだからね。
(女房殿達はブーブー言ったけど。)

一寸胸が痛い。

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク