神の眼

小説家じゃないんだから、自分のことを客観的に書くのは難しい。
僕は病院の看護師とかガードマンとか 「偉い!」 と思う。
時間給に換算できない部分の仕事があるわけで、あまり偉い人は気付かない。
僕の治療はゆっくりとしか出来ない。
今週は寒いので、病院に釘付けですよ。
できるだけ静かにしてようと誓う僕。

ははははははははははははははははははは。

客観的に書いている内に観念論者になるのだろうか?????
眼を瞑ってごらん、ハニワユタカみたいに色んな映像が浮かぶけど、
それがダンテの新曲の一場面に見えたりするのは、NHKのFMで、ミサ局ばかり聞いているからかなぁ~。
イタリアの古楽は面白い。
広がりの奥深さに感心している。
ギリシャの円形劇場の〆の唄は誰が歌ったのかなぁ~。
美空ひばりだったりして………そんなわきゃないか!!

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク