人生はエクセルの1カルクに過ぎない?

スーパー・カルク とか カルク・ベース・ワン とか言うと昭和丸出しなのかもしれない。
そもそも入力画面を設計した形跡が見えない………………
1日が45時間と入力可能なシステムでデータを触っていると思うと背筋が寒くなる。
まさか???
ロータス・123 だったりして………………
カルクに計算式を入れてないデーターの作り方は、基本的に最初から間違っている。
人為的なミスを可能な限り許さないのがシステム屋の設計の腕の見せ所だけど、
時系列的には、誰もが コンピュータが人的作業を乗っ取るなんてSFだと 思っていた時代のシステムだから仕方がない。

僕なんか3回以上書き直したら入力を受け付けなくなる画面設計で泣いたんだからね。
それ位でないとニッチ企業にはなれませんよ。

嗚呼!(=なるこ ではなく ああ と発語する。)

熱に浮かされた現実は希薄になるんだなぁ~。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

冗談抜きに、正直言って、現実って凄く浮いているものなんだね。

ケホン、コホン、ぴーポン!
あれ?
今の音は今までとは違うぞ………………

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク