カクマル的体質のJR=卑怯者の卑屈さ

辻褄合わせにタイムラグがあるのが典型的な特徴で、
責任を 【司令】 においてはまずいと考えるのがスターリニズムの典型です。
現場を仕切っているように見えて、全くヘルメットのしたの血と汗を理解出来ない不貞の輩なんです。
責任逃れで殺されたら堪ったものじゃないですよ………………

カクマル的な姿勢とか思考法を排除しなければいけないのです。
殲滅戦を展開しても、似たような萌芽が産まれるだけです。

早稲田でのサボテンの棘を抜くような施政者の側的な活動を見習うべきです。

まあ、
現実逃避を指摘すればエエというような安易な考えでは駄目ですし、
物理的な対象化? では駄目な気がします。

施政者と徹底的に闘う階級的な意識や哲学は、血と汗でしか産まれないのです。
三里塚で反対同盟から拒否されたら、新しい反対同盟を立ち上げて、中核や青解と別個に公団側を攻撃する筈だと、僕は信じていました。
動労も非正規を徹底的に辞めさせると信じていました。

考えている事とやっていることが離れているのを反革命というのです。

僕は 【死んだ人】 は祈ってあげるだけで充分で、神格化する態度は全て嫌いです。

ですから、

ははははははははははははははははははははははははははははは。

何処へ出掛けるのも、上から下まで、パンツまで、ユニクロで真っ黒です。
趣味ではなく、
僕のささやかな 【弔意】 ですよ。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク