ヘーゲルという巨人を超えていく為にマルクスが辿った方法論

ヘーゲルの巨大さは、キルケゴールを産んだし、フォイエルバッハからマルクス、ルーゲ達を産んだように思っているかもしれない………………
側面として 「哲学」 なるものの思弁的国家観を超えるためには現実の徹底的な分析が必要だったような気がする………………
マルクス以降の哲学は軽く見積もられるのは当たり前で、デリダも例外では有り得ないような気がする。
【よいしょ】 って、経済学を持って来たのは良いけれど、それはやがて有りもしない幻想へ人を駆り立てるんだろうか?
僕は、数学が物理学と出逢った瞬間のように哲学も数学と出逢うと思っている。
どうしてか?

世界共通語の在り様が少し現在では偏り過ぎているように思えるんです。
数式と古代ラテン語以外の共通語を持ち得るほど人類は進化していないような気もする。
ロボットの開発者の足枷は、機械が生の生命体を超えては喰っていけない???
ところで止まっているようにも見える。

ヘーゲル体系の否定は国家の否定へと向かうのはそもそもブルジョワ学の範疇でしかないのだろう………………
国家に対して共同体を立てること自体が自己矛盾を孕んでいるような気がする。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

説明?
解釈?

自己責任でするように。
ポイントは僕に下さい。そうするとあなたに福音がもたらされるでしょう。

意味不明?
それでよろしい。
あなたが 【まとも】 であることの証明になります。
ははは。

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中