3D

甲状腺ホルモンの T4 の値だけが高い・僕。
受容体モデルに放射線をあてる実験式を画像にしようと藻掻いているんです。
医学・生理学? ではなく、数式として成り立つか?
なんて馬鹿な思念を飛ばして寝床に入る・僕。

昔、3D は全て計算式でした………………もしかしたら古本屋にあるかもしれません。
シェードが700万円で、ワークステーションと一緒に販売していた頃です。
パソコン・レベル の話は、つまらないものです。
結果を見ているだけのグラフィックの世界は、どうも性に合わないのです。

で、
視床下部から入った放射線が脳の受容体に直接的に作用して TSH を形成するんではないか?
単純な分子モデルですら、描き上げるのにどれ程の時間を必要とするか?
「結果としての画像」 からは何も見えてきませんよ。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

念のため。

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中