大衆の意識を計測する「競売」(きょうばいではなく、けいばいです。)

兵士とはどうゆう末路を辿るか?
実験しているみたいだ………………

目立っては 「敵」 に個人を特定されるけど、
「個」ってものは、目立ちたいものですよ。

共同幻想のパラドクスかな?
あれっ?
ちょっと違うかな?

巻き添えになった何も知らない大衆は、凄く迷惑なんだけど………………
おまいらも、社会で生きているんだろ!?
という自己責任という人類史上最大の無責任で済まされたら、堪ったものじゃない。

理屈は他者をねじ伏せる為に存在してきたわけではない。

じゃから、
たかだか人類が幻視し得る理屈なんて、権力の前ではどーとでも出来るわけで…………

【絶対反戦】 は、そんなに簡単な理路を持っていない。

なんだか、
悲しい自暴自棄。

追記:
真面目で明るい老人ほど、恐いものはありませんよ。
気を付けよう!
公安に利用されないように!

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中