変換の気持ち悪さ

そんなものを感じるのは僕だけ?だろうか?
IBM の恐怖の歴史を知るものは少ない………………

予約語や基本テキストに 【ローマ字】 表記の日本語が多いのを今更どうしようと言うのだろうか?
僕には解らない。
ちなみにジャバスクリプトの代名詞?を日本語で実行してもシステム・エラーになることは少ない………………
ほうせいや!めんどうさ! なんちゃって、洒落て置いたりして………………
まあ、
NAMAZU の時代の老人の戯言かもしれないけど、
【変換】 が存在するから、日本語が生きるという現実を確認すべきと思っているんです。
遠藤周作さんの後期の作品によく現れていますので、興味のある方はお読み取り下さい。
ああ、
間違えないで下さい。
「お読み取り」 と、取り を負荷して書いています。

写研の写植の文字盤をペンタッチで使っていた頃、【変換】 の数十倍入力は速かった……
誤植も殆ど無かったぁ………………
「変換・ギャグ」 も考えへんかんかったぁ………………

ははははははははははははははははははははははははははははは。

日本語って、思ったよりも難しいですよ。

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中