マルクスの亡霊と言う訳語に欺される知性

マルクス・ボーイ とか、
亡霊 とか、
吉本? とか、
学者でありたい希望? とか、

ううん………………【逃げる言説】 は、気が楽なだけで、
結局、「読めていない」 気がするんです。

片付けていくのが知性では無く、整理するのも違うような気がするんです。

なんとか 【呪縛】 から逃れたい気持は解りますが、
方法論の基本的な間違いに気付かないと駄目だと思っています。

スピノザ????

誰と? 何を? 闘うのか? が問題で、
時間軸は 【制約】 として 【隷属】 を脆弱に感じさせるだけです。

ふん!
奴隷は奴隷じゃん!

ドラえもん→チャイナシンドローム→ヒトラーの髭→投げられる赤いボウル???
(=微妙に企画屋の炎上狙いが透けています。)
どこでもドアを忘れてるぅ………………娘2の発言です………………
なんで?離婚しないの?………………産めない女は罵倒されるけど包茎は?………………僕の言葉ではありません。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

僕は、

アンパンマン派

かもしれん。(=自己否定の美学?なのかな?)

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中