軍札を燃やして焼き芋を食えたけど、原発は強欲で駄目になるよ。

電力会社の株主の強欲の内実を知る人は、悪態を吐かない………………
【強欲】 は、國を滅ぼすに近いことをスピノザは言っている………………
余り書くと自分の首が飛ぶから途中で辞めた政治論………………
デカルトの 「陛下に捧ぐ」 が、多分、喉につかえて仕方が無かったのだろうと推測しているんです。
【エチカ】 の最後の部分は、後身に含みを持たしてあるような気がする。
【含み】 に対して、とやかく言うのは僕の趣味に合わないんです。

現実の闘争から離れて、思弁的な世界を経験すると、マルクス主義者でもスピノザに行き当たるのは良く解ってきたんです。
断らなくてもご存じでしょう、が、
僕は他人の言説に出来るだけ依拠しないでおこうと、大学生だった頃に硬く決めたんです。
ですから、出典は世界中に 【外部記憶】 としてあるんです。
人間は 【知】 を 【外部記憶】 として、何処かに残さないと不安で仕方が無い、と言うか、外部へ外部へと藻掻く性質が存在そのものにあるように思っています。
外部回路に自己を転写して、信者に買わせる商法も、その一種のような気がします。

一度、立場を離れると、立っていた場所が見えたりもするものです。
社会的な生成物であるところの脳髄、この脳髄に 【個】 が宿り、やがて 【個】 は、本能を…………と言うか、蜥蜴である自身を守るために外的な脳髄を形成し、触覚としての眼球で世界を判断しながら髄を伸ばし、髄を守るために骨を形成し、爪をつけ、髪の毛を生やし、やがて他者を利用するために <共> であることを選ぶようになった………………
思弁的になり過ぎると 【粋】 ではないので辞めますけど………………
ふうぅ~~!
僕的な言葉では無い。無を宇宙に拡大出来る 「有」 というか、僕は、唯一神の不可思議な馬鹿笑いの正体を偶然性ではなく、理路として観てみたくなっただけです。
無知の涙も結晶すると、【知】 になり、死滅すると 【類】 に帰下する?
個体は共同性を普通に希求するような気がしないでもないのです。
そう考えた方が、滅亡のシナリオが書きやすいような気もします。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

僕の事を何主義って、言うんだろうか?
ドツボの底は、意外と外部記憶にあったりもします。

頼むから絶望しないでくれ!
絶望はそんなに簡単に出来ないのですよ。
絶望を反知性的に短絡してしまうと、自死に至ります。

絶望するには強欲が足りない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中