水増し発注の片棒を担いだ経験のある原発工事

疲れる経験値というのがありましてね………………
「誤発注」なら、よくある話で皆さんご存じでしょうが、
水増し発注はあまり耳にしないでしょ!?

システム的にあまり知る人が少なかった原発は、電線の計算もテキトーなもので、科学的でも何でもなく、アバウトだったんですよ………………
コンクリのリューベ(立法メートルかな?) と同じで、そんなに厳密でも無く、そんなに設計図通りでも足りなくなるのは最初から解っていたのですよ。

僕は 【文字屋】 だったので、こんなに観念をダイレクトに活字に出来る世界では、美しく組み上げることはしなくなったんです。
なんと言うか、喋るように文字を打てたら最高だと思わないこともないのです。
最近の我が家の子は、喋るより打つのが速いから驚きです。
小さい時から写植機で遊び、文字を左右反対に書いて先生に叱られたり、マックのサーバーで女房殿と一緒に 「ぷよぷよ」 で、妙なパケットをネットに垂れ流し、ハッカーと間違えられたり………………
ちなみに、僕は子供に何の 強制 も何の 制約 もしませんんでした。マックじゃから、システム・フォルダをバサッって、入れ替えれば修復はお終いでしたから………………
まあ、
物凄い興味深い観察の対象なんですけど………………

論理や理念で子供は育たないとつくづく思っています。

原発の話でしたね。ごめん。
福井での話です。
さる電機設備会社の社長から電話があり、駆け付けると大きな未使用の電線の束が糸巻きに二つ。構内用の電線で銅の被服線でしたよ。
そのままでは2トントラックに詰めませんし、途中で誰かに目撃されると話がややこしくなるので、銅線の油紙を剥がして、70センチほどに切り分けトラックに積み込みました。
木製の大きな糸巻きは、その場で解体しました。
遠くで黒塗りの公用車と思われる自動車が監視していました。
目方???
量りません。テキトーに被服の重さと剥がす費用を算出して、その場で支払いです。
今では考えられない値段ですが、30万円位を僕の腹巻きから出して、電気設備会社の社長に渡しましたよ。
で、
我が社に持ち帰り、ホームレスのバイトに被服を剥がす作業を任せて、僕は次の犯罪的な現場へ………………
放射線????無かったでしょうねぇ???犯罪????
犯罪以外で、この小さな敗戦国が高度経済成長出来たと考える方が犯罪です。

20ミリシーベルトでもエエから、厳密に実行して下さい。
たぶん、
元請けでも赤字になります。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

さるプランナーの忠告どおり、情報はバラけて、小出しに??ですかねぇ。
喋るより、エクル??(=エクリチュールからの造語です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中