大都市という野蛮な時代を支える原発という一局集中システム

僕は送電線の解体作業で、深く傷付いた経験があるんです。
中人に鉄線の入った電線で、解体作業で跳ね上がり傷を受けたのです。
中心の鉄の線を外し、周りのアルミニウムだけを縒りを戻しながらバラバラにするのです。
それを炉に入れやすいように70センチぐらいに切り分けていく作業です。
よじれたアルミニウムを解すのにどれ程の労力を必要としたか………………
難燃性の被服は硬く、剥いて行くのにも相当な人力を使いました。
で、
作業中に何時も思ったのです。
電気ロスです。
なんで?
トヨタとか日産の工場が原発の側にないのか?
なんで、大都市が原発から遠いのか………………
人間の直感的な恐怖心だと思えて仕方がなかったのです。
原発の側にあれば、電源ロスは最小限で済むし、独逸方式の送電も行われたのでしょう。
エジソンとテスラの論争と確執まで想いが至ったものです………………

電柱の固定資産税もそうですが、電線の固定資産税も高圧鉄柱の固定資産税も曖昧です。
なんでだろ?

中心を持たなければ生きた心地がしない民主主義………………僕は 【野蛮性】 を感じて仕方がないのです。

電柱のトランスの中の油の売買で、散々儲けた僕が言うのですから、間違いないと思うのですが、油の対応年数切れが各所にあるのです。
CO2 をどうにか言うのは無理が有り過ぎです。
エネルギーは集中すると非効率的で危険で余計な CO2 を沢山 【生成】 してしまうのです。
電線の廃棄処理も考えて下さいね。

無理に先進国になったつもりでしょうが、

あなたの資産は地震で、
負債にいっぺんになります。
2へんかな?

ははははははははははははははははははははははははははははは。不遜。反省↓↓

ゆりかごの上で今日も嘯く民主主義

非常に特異におそまつでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中