物語と筋書き

別に人は筋書き通り生きている訳ではないけれど、
世の中には 【筋書き】 や 【物語】 が存在しないと生きた心地がしない人がいるものです。

土方は僕の歩き方が 『カッコいい』 と言ったらしいのですが………………
ツール・ドフランスの実況を生で同時翻訳されて、僕は違う世界の人だと思えたりしたのです。
65歳で風を切る想い出やスキーを滑る快感を知る由も無く………………
膝や腕を擦りむく時の痛さ位は解りますけど。
パンターニ? 痛かっただろうなぁ…………というのは、右に左に歩いて転んだ幼少時の記憶があるからに過ぎません。

自分の物語を他人に語って理解して貰えると思うのは 『あさはか』 です。
でも、
人は物語化しないと落ち着かないから、やりきれない………………

哀愁は?
抒情は?
そんなものに論理があると思うと一種の宗教になってしまうじゃないですか!………………あれっ?

生活保護以下の暮らしがどういうものか?
裁判員が気が狂ってしまった時代を僕らは背負っているのです。
明治憲法でも、戦争は司法の人でさえ狂わせてしまったのです。
ましてや、現憲法では………………

生活保護を受けたら?

他人に言うのは卑怯です。

どうせなら、

生活保護制度の無い世界を造ろうよ!

って、
言えるようになりましょう!
隷属の報酬をかなぐり捨てて、さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中