素敵な障害者

僕が、オトタケ君のことをどう思っているか?
心配?してくれる人がいました。
で、
答えて置くことにしました。
『早稲田の悪のりだよ。』
って。
奥ゆかしさ?とか、生意気さ?は、許せる範囲として、
たった一つの美しい花であることが、そんなに大事なことなのか?
僕には良く解りません。

殆どの障害者は彼のように輝く?ことはありませんし、輝きたいとは思っていません。
普通に生きられないから、輝かざるを得ない のだと思っています。
相続否定論者 の僕は、親の子を思う気持ちの狭量さを知っていますが、
親を狭量だと言って責めることも出来ません。
自分が狭量さによって生かされている面が非常に強いからです。
生かされている、生かされている、と言ってお題目を唱えるのは実に簡単です。
生かされている身の自己解放!?なんつっても、何の現実性もありません。

きっこ姐さんが死刑のことを書いていますね。
僕は、犯罪とされていること?の経緯を、嫌になる程に犯罪者?の心理を暴かなければ意味が無いと思っています。
ポスト・モダンちっく?ではなく、デリダ風にシニックと暗喩で責め立てないと意味が無いと思っています。
もちろん社会的な背景は含みます。
制度病に陥る瞬間というものが人間社会にはあるようで、効率的に社会を回転させることがそんなに良いことだとは思いません。

解放派だった諸君は、僕を生かしてくれました。
労線の人物の主張を受け入れたのかどうかは知りませんが、「殺される」 と思ったのは事実です。
学生戦線と労働戦線の微妙な方針というか、路線というか?違いを理解するにはかなりな労力を必要とします。
この辺りの話は、

大弾圧の始まり

が予感されますので、僕は2度と書きません。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

『みんな静かに潜ろうね。出るときは一気にね。』
青文字は、意図的です。

追記:

北村透谷 哀詞序 より冒頭のみ↓

歓楽は長く留り難く、悲音は尽くる時を知らず。よろこびは春の華の如く時に順したがつて散れども、かなしみは永久の皷吹をなして人の胸をとゞろかす、会ふ時のよろこびは別るゝ時のかなしみを償ふべからず。

 

自民党に財産を取られないように資産を守って下さい。オトタケ君。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中