奨学金申請に親の面接を!

返済不要の奨学金

書類だけは不備が無い

親や親戚に公務員がいて指導してくれる。

こいつらは、奨学金で新車を買う。

返済しなければならない奨学金=負の連鎖

書類の上辺だけで判断される

誰にも相談できず、相談室で利益の関係無い奴に相談する

女の子の場合、終わるまで結婚は出来ない。

制度病は、公務員に都合のエエように出来ている。
「欲望の原理」 は、革命家もそう簡単に払拭出来ない。
結局、何も変えられず、厚生年金(隷属の保証)を払った奴が勝つ。
最後に銭は勝つ!

今の生活を崩したくない→自民党に入れる?
さあ、
果たしてそれでエエのかな?

自民党はあくまでも金持ちの代表であることを忘れては困るんです。
でもね、
「我が国は……」 と始めると官僚的な前回通りにしかならないのです。

今の生活をより良くします。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

革命の原則なんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中