あの日 小保方晴子 著 講談社 刊 を買った・痛い・僕。

卒論の軽視は、結果を出すことによって加速される??
半分命懸けで書かれる文学系の卒論 と 理系の卒論は何処が違うのか??
綺麗な文体で、体裁を受け入れられるような形でェ!?
何?それ?
僕は 『基礎研究』 を 「糞・研究」 と吐き捨てるように言っていた人達を何人も知っているけれど、それはそれなんです。
【卒論】 と言うのは場合によっては一人の人間の一生のテーマになり得るものだと今でも信じているんです。
親友の卒論を手伝うバイトをしたことがあるのです。
キルケゴール関係ですぅ………………原稿用紙一枚五千円と告げたら、三万五千円に値切られました。
三分の二ぐらい読み進めています。珍しく黙読です。
『火花』 は何時の日か単行本になりそうなので、スルーしました。ごめんなさい。
『あの日』 と同時に文藝春秋三月特別号を買いました。理由はご想像に任せます。
2,330円………………何に経常しましょうか?
あまりに年収が少ないので、来年から申告は必要無いようです。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

領収書、あげようか?
若い女性は守ってあげなきゃ、♂じゃないよ!

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中