テキストを彫る・僕。

土佐日記 帰洛 より引用>>

夜更けてくれば所々も見えず。
京に入り立ちてうれし。
家にいたりて門に入るに、月あかければいとよくありさま見ゆ。
聞きしよりもましていふかひなくぞこぼれ破れたる。
家を預けたりつる人の心も荒れたるなりけり。
中垣こそあれ、ひとつ家のやうなればのぞみて預れるなり。
さるはたよりごとに物も絶えず得させたり。
こよひかゝることゝ聲高にものもいはせず、いとはつらく見ゆれど志をばせむとす。
さて池めいてくぼまり水づける所あり。
ほとりに松もありき。
五年六年のうちに千年や過ぎにけむ、かた枝はなくなりにけり。
いま生ひたるぞまじれる。
大かたの皆あれにたれば、「あはれ」 とぞ人々いふ。
思ひ出でぬ事なく思ひ戀しきがうちに、この家にて生れし女子のもろともに歸らねばいかゞはかなしき。
船人も皆、子たかりてのゝしる。
かゝるうちになおかなしきに堪へずして密に心知れる人といへりけるうた、
「うまれしも かへらぬものを我がやどに 小松のあるを見るがかなしさ」
とぞいへる。
なおあかずやあらむ、またかくなむ、
「見し人の松の ちとせにみましかば とほくかなしきわかれせましや」。
わすれがたくくちをしきことおほかれどえ尽(つく)さず。
とまれかくまれ とく破(や)りてむ。

<<引用ここまで。青空文庫版を少しだけ弄った。

きっこ姐さんの日記だったら親切に 〈私訳〉 を書くのだろうけど、
訳して伝わる意志と、訳さない方が伝わり易い意志があるんではないかと考えているんです。
ネットでも古語辞典でもエエから、是非とも自分で訳しましょう。
訳してから、色々な解説を見た方が物事は掴み取り易いように思うのです。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

仏像をもし?仮に?僕が造ったら???
とまれかくまれ とく破(や)りてむ。
となり、破るは、電子テキストの場合?どうなるの?

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中