ヘーゲルは【懺悔】を途中で辞めた人のように思う。

引用>>

ヘーゲル法哲学批判

序説

ドイツにとって宗教の批判は本質的にはもう果されているのであり、そして宗教の批判はあらゆる批判の前提なのである。
誤謬の天国的な祭壇とかまどのための祈り 〔oratio pro aris et focis〕 が論破されたからには、その巻添えをくって誤謬の現世的な存在も危くされている。
天国という空想的現実のなかに超人を探し求めて、ただ自分自身の反映だけしか見いださなかった人間は、自分の真の現実性を探求する場合、また探究せざるをえない場合に、ただ自分自身の仮象だけを、ただ非人間だけを見いだそうなどという気にはもはやなれないであろう。
反宗教的批判の基礎は、人間が宗教をつくるのであり、宗教が人間をつくるのではない、ということにある。
しかも宗教は、自分自身をまだ自分のものとしていない人間か、または一度は自分のものとしてもまた喪失してしまった人間か、いずれかの人間の自己意識であり自己感情なのである。
しかし人間というものは、この世界の外部にうずくまっている抽象的な存在ではない。
人間とはすなわち人間の世界であり、国家であり、社会的結合である。
この国家、この社会的結合が倒錯した世界であるがゆえに、倒錯した世界意識である宗教を生みだすのである。
宗教は、この世界の一般的理論であり、それの百科全書的要綱であり、それの通俗的なかたちをとった論理学であり、それの唯心論的な、体面にかかわる問題〔point-d’hnneur〕であり、それの熱狂であり、それの道徳的承認であり、それの儀式ばった補完であり、それの慰めと正当化との一般的根拠である。
宗教は、人間的本質が真の現実性をもたないがために、人間的本質を空想的に実現したものである。
それゆえ、宗教に対する闘争は、間接的には、宗教という精神的芳香をただよわせているこの世界に対する闘争なのである。
宗教上の悲惨は、現実的な悲惨の表現でもあるし、現実的な悲惨にたいする抗議でもある。
宗教は、抑圧された生きものの嘆息であり、非情な世界の心情であるとともに、精神を失った状態の精神である。
それは民衆の阿片である。
民衆の幻想的な幸福である宗教を揚棄することは、民衆の現実的な幸福を要求することである。
民衆が自分の状態について持つ幻想を棄てるよう要求することは、それらの幻想を必要とするような状態を棄てるよう要求することである。
したがって、宗教への批判は、宗教を後光とするこの涙の谷 〔現世〕 への批判の萌しをはらんでいる。
批判は鎖にまつわりついていた想像上の花々をむしりとってしまったが、それは人間が夢も慰めもない鎖を身に担うためではなく、むしろ鎖を振り捨てて活きた花を摘むためであった。
宗教への批判は人間の迷夢を破るが、それは人間が迷夢から醒めた分別をもった人間らしく思考し行動し、自分の現実を形成するためであり、人間が自分自身を中心として、したがってまた自分の現実の太陽を中心として動くためである。
宗教は、人間が自分自身を中心として動くことをしないあいだ、人間のまわりを動くところの幻想的太陽にすぎない。
それゆえ、真理の彼岸が消えうせた以上、さらに此岸の真理を確立することが、歴史の課題である。
人間の自己疎外の聖像が仮面をはがされた以上、さらに聖ならざる形姿における自己疎外の仮面をはぐことが、何よりまず、歴史に奉仕する哲学の課題である。
こうして、天国の批判は地上の批判と化し、宗教への批判は法への批判に、神学への批判は政治への批判に変化する。

<<引用ここまで。

背景を知らないと、いきなり眼の前に出されたら、意味が解らないと、僕は思う。
普通の 【理性】 だったら解るだろ? というのは人間の理性の思い上がりだと思うわけで、
他意はある。

ははははははははははははははははははははははははははははは。

僕は浄土真宗で、クリスチャンの 【懺悔】 そのものが 【思い上がり】 の極地であるような気がしないでも無い。

だ・か・ら、

死ぬまでだと言い続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中