FreeBSD 忘れてしまったコマンドの数々………………

KDE をソースから make すると 〈かなり長い時間〉 じゃなくて、【とんでもなく長い時間】 を消費してしまう………………挙げ句の果てが、VM の上ではエラーになった………………
startx では X の画面までは到達するけれど、先へ進まない………………
圧倒的なシェアの少なさを解消しようとしているのは解るけど、
PCBSD は売られてしまったみたいだ。
まるで、沖縄状態………………
東京入管闘で、沖青委海邦?じゃったかの人と中核派の数の暴力に怯えた日々が懐かしい。
この世にあってはならない 「琉球国」 ………………
軍事的、物理的な意味で彼の地が激戦地になったわけではないような気がする。
天皇家信者共の悪意 を感じてしまう。天皇家とは関係無いと思うけど、正確に書いておかないとなんだか常識外れみたいに言われそうだ。

南さおり………………確か?琉球王国の末裔………………なんてことを言っていた・僕。

僕は、満州生まれの満州育ちであった親父から色々と話を聞いている。
大連商業から満鉄の主計部(本社経理部)へ入った親父の家には中国の人が一緒に暮らしていたそうだ。所謂、半官半民宿舎(オンドル付き)。
奴隷? そうじゃない!
毛頭が嫌いという共通点が無数にあったそうだ。
満鉄の本社は総大理石で出来ていて、現在ではとてもじゃないけど建設出来ない高価な造りだったそうだ。現在でも中国の人達に使われているらしい。
冬は小さなストーブで建物全体が温まり、夏は天井の扇風機で充分涼しかったそうだ。
夜になると、廊下は中国の人に解放されていたそうで、そこで例の中国式の麻雀をやって、散々ぼったくられたそうだ。
親父の一家と同居していた中国の人華僑が大嫌いだった。それは、満鉄の経理部に勤めていたイギリス人やロシア人や独逸人と同じ意識だったらしい………………

北一輝とか幸徳秋水の頭には、【こんな地震は多いわ、火山は爆発するわ、地面は狭いわ、住める方がおかしい】 という意識があったと、親父から僕は聴いている。
発禁になったらしい本の中に 【日本総モンゴル移住計画】 という項目があって、其処には問題として、両上下水道のことが書かれたあったらしい………………

従軍慰安婦?
『そんなものは当たり前だろ!精液で相手を殲滅出来るわけでなし!』
親父の言葉?かもしれない。

何で? 国家が必要なのか?
グローバリズムは、インターナショナルと違った意味で国家を死滅へと誘う。
ははは、
インターナショナルって、言いたくないからグローバリズムって言ってるだけだよ。

有機農法とか再生可能なんとかに逃げ込む、元・ブンドに哀れさえ感じている。
日本語のマルクス主義では、其処までが限界だろう。
天を刺し、相手を刺すと、自分を刺す????
誰も何も本格的に刺してなどいないじゃないか!

ははははははははははははははははははははははははははははは。

亜細亜を観ましょう!
中国包囲作戦は、絶対に失敗する。
予言です。
もう一寸、FreeBSD で頑張ってみるね。
でもね、歳を取ったらコマンドの混同が多くなって、大変。
新しいマシンを買おうと思っている。産まれて始めてノートパソコンを買うかもしれん。
2万円を切ってきているから………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中