全党派が徹底的に数を増やす戦いをしなければ、意味が無い。

党派闘争の 「総括」 そのものが 「変」 だと感じていた………………
ある程度の 「数」 が少しばかり社会を変革出来る 「段階」 の 「読み違え」 をしてはならない。
潔さや理論の徹底化に 「物理的な闘争」 を当て嵌めてはいけない。
それで、
どれほどの人間が 「心的症候群」 に陥った?のか?
計り知れない。
殺したの殺されたのは 「理論」 にならない。「私怨」 になってしまう。
「介入」 も辞めた方がエエし、「敗北的前進」 というのは男根的だ。
「行動委員会」 と言いながら 「徹底的前衛主義」 に僕には見える。
「徹底的前衛主義」 は 「即身仏」 のように拝むのは信心深い人だけだ。

全党派が徹底的に 「数」 を増やそう!
「数」 を増やすのは黒田の特権では無い!

高潮期? ほど数を増やそう。
特に 「学生」 をオモチャにしてはいけない。
多くの 「反革命」 を 「吉本隆明」 まで利用して増やしてしまう………………

党派闘争は、「黒寛」 の夢想で、施政者の 「欲望」 に見える。
かと言って、何もするなとは言わない。

逮捕者をホローする程の徒労 を知っている者は少ない。
ガードマンで、夜、寝れなかったんだからね。ねっ!
もちろん、逮捕者のその後の人生は心的症候群だね。

数が少ないと、
権威の意味も無い!

ははははははははははははははははははははははははははははは。

噛みしめて、読むように!

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中