日本語の構造が太平洋戦争を負けに導いた。

格子状に世界を理解したがる人類にとって、英語ほどマッチした言語は存在しなかったように思う。
イエスとノーで、丁度エエ世界は無いけれど、丁度エエ=ファジィとやってしまうと、その瞬間からイエスとノーになり、
アンド・イフと繰り返される………………ファジィに止まっておれば、日本の技術も大したものだったのに!残念ですぅ………………

物量や作戦で敗戦したのでは無いような気がする。
つまり、
世界を 「たら・らば」 で認識するには英語が一番だったのだろうと思う………………
故に、
対抗するには………………シュ、しゅ、宗教………………

ははははははははははははははははははははははははははははは。

暇。
「母さん!飯は未だかな?飯は?」

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中