錬金術師よりも、錬開き(あき)術師になっていた、錬語術師………………

錬金術師たちの密やかな囁きは、「宇宙の意志」 と言うのだった、らしい………………
プロテスタントが、原爆を恐怖し、恐怖を乗り越え(反革命的)る・た・め・に選んだ國、ジパング………………
カソリックでは無い。
IAEAも、カソリックやプロテスタント的な発想をしないのである、と言うのを知ったのは、ハッキングによるぅ………………

僕は、軟体軟弱の錬金術師みたいな、錬言葉術師(いささか大袈裟。)みたいで、決して「はがね」 という接頭詞は憑依しない。
ノン・フリー・めんソーレかな?

冷たい三角の眼で、ふんどしを締めた三銃士の末裔ではないことだけは、確かです。

はははははははははははははははははははははははははははははは。

腰の高さの本棚の上の本を片付けるのに、学生時代みたいに本を3重ぐらいに並べていた。
そろそろ女房殿が生還なされるので、介護関係の人が自宅訪問する、と言う。
慌てたの、なんの!
女房殿は、背が低いから、高い処に荷物は置けれず、
片足が曲がらないので、腰から下へ物も置けず、
すべてが腰を中心に2から30センチの処へ置いてある。
僕が手伝えば、上方へ荷物は置けるが、が、悲しいかな、全てご破算になってしまう。
そこで、
知恵を絞るのであった。

ははは。

ヘーゲルを読み進めるより、難しいのだ。

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク