ベトナムで、韓国軍兵士が何人の子を遺したか?

戦争ってのは、イコール犯すというのは 「民族の歴史」 ですかなねぇ………………

「哀しみ」 を代弁する仕方は、どう格好をつけようが、代弁でしかない。
しかーし、
代弁がなければ、「無辜」 は、叱られてパソコンに嫌がらせを書き込む婿さんになってしまう。

あ、
さて、
グローバルであって、インターナショナルではない。
グローバルは、「バルッ」 って、擬音とともにグロテスクに銭ゲバになるという事以外にどう?日本語化出来るのだろうか?

ははははははははははははははははははははははははは。

70年代活動家だった人達に沈黙は赦されない。
沈黙しているのは自尊心を守る悪あがきだと思ってしまう。

表題のごとき史実は、若者ではなくて、僕(ら)が語らなければならない筈?だ。

でも、
えっか!
子孫が増えるし!
今から自衛隊員は、せめて元国立大学卒業生で埋め尽くさなければ、優秀な人類は生まれない?かもしれないね?

山口や石川に降る雨は、死人の涙雨なんだよ、きっと。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク