たった一人のインテリゲンチャだと思う。情けないことに………

内田樹先生のこのテキスト
さすが!先生。
活字を読まない人達に読んであげないと、
個の成熟は遠いと思います。

少しだけ、納得しているんです。
非常に解りやすい、珍しく………140字しか読まない人も読むだろう………

リベラシオンがその名前と裏腹に資本に乗っ取られた瞬間は、
イチローがヤンキース移籍したのより、ヲモロかった、と、付け加えておこう、っと!
でも、
リベラシオンだから………革命的変更はしゃーないのかな………字の如し………

後だしじゃんけん大国であることは、パルチザンの歴史にも刻まれているんかな?
僕は、微細なシステムを得意とする人種と、大雑把な概念を提示するのが得意な人種が存在すると思う。
哲学は、後者で、純和風な人達には理解しにくいのだろうなあ………

個人的な趣味で、右翼的であったり、
個人的な家庭の事情や育ち方で右翼的であったり、
反抗心が強く、アカデミズム以外の知識を消えいく生活の知恵とどうしても思いたくない世のスネ者が、左翼的であったり………
そういうのは、
もう古い。

僕は、絶対に 「反原発」 ではないけれど、電力会社が馬鹿ほど儲かるマシンをろくに解りもせずに使うのが嫌だ。
原子力の専門家や、放射線疫学の専門家が、原子力を使った発電機の専門家ではない、と言っている。
原子物理学者は、各部品や作業工程の品質管理が出来る訳ではない。
原子力を使った発電機の専門家は、建築基礎計算の専門家ではないし、
人類が滅亡するかもしれん、制御出来ないものは神の領域だ、と考える信心深い人々を説得できる哲学者ではない。
わけも解らないものを儲かるから使う、という、奴隷根性が、
敗戦国のひねくれであり、それが、変な宗教や、いじめを引き起こすのだ。

原子力発電所にISO取得命令を!

現に、今、進行している 「触れず・近づけないもの」 を精密に緻密に分析し、どの対処が正しいのかを見極めるべきだと思う。
あ、さて、
矛盾が最初から存在しますね。
「触れず・近づけないもの」 を禁忌といい、トーテムというのではないでしょうか?

蛇足:

わが女房殿は 「ぷよぷよ」 というマックのゲームが発生する妙なパケットにより、
クラッカーと間違えられてから、
インターネットは触りません。
でも、
グーグル・アースで、地球を見せると、
「徳川家康って、馬鹿じゃない!首都は金沢でしょ!」
ですって!
娘は、
「金沢を首都にしたら、暴動だね。ゾンビの行進は、東京と大阪で結構です。」(=割とキッパリと言い放たれたのには、びっくりしました。)

次は、別の 「悪態」を思いついたら、ということで。
ああ、
昨日、ものすごい地震雲が東の空に出ていました、
そしたら、福井で震度1ですって!
震度1、軽くなった、ね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク