待機電源ゼロのFAXを考えていた。

見る人が見ると解るという………

応答直後に会話モードとFAXモードを自動で立ち上げ、FAXデーターは、SSDに記憶する。
供給電源(=これも解る人だけだ。)のみで足りない場合は、太陽電池と併用する。

太陽熱というか大気温度を蓄積する小型温水器を考えていた。
まあ、
小便位の温度になれば、節約出来る。水から沸かすのは非効率的だからね。
自ら茶化すのも非効率的だけどね。

はははははははははは。

親父ギャグは、文化だ!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク