人類の進化を早めただけのことだ。(言ってはならないこと、かな?)

放射線の中を生き延びてきた生命体であることは確かで、
自然の法則の 「戦争」 が好きならば、別にどーってことない筈?でしょーがッ!
2度の被爆で、さらに生命として力強くなっていく、ジャッパニア・ジャポニカ。
他人の顔色伺い文化?
イコール、こぴぺ文化みたいなものかな?

「滅び」 に近づく、と考えるのは、団塊の歳のせいであり、
都市のせい、ではありません。
てめーが、置かれた状況でしかものを想起出来ないのは、変なのよぉ………
そりゃー、「滅び」 とか 「滅亡」 とか 「消え行く姿」 とか 「桜が散る」 とか、
叙情的になる方が、楽ですよ。
もちろん 「大衆」 とか言って、体臭を振りまくのも、です。
吉本を 「利用」 する人々の最大の欠点は、親鸞の苦闘を飛び越えてしまいがちなところであると思うのです。
デリダが 「利用」 されるのもそうです。彼がアルジャリアで、フランス国旗の掲揚を許されなかったし、
チェコで、どんな共産主義者よりも危険視され、何回も逮捕され、ある意味で不遇な人生であったことも、問題です。
デリダのことだから、「あなたのおしゃってる事がまさに重要なんです。あ、ごめん、この部分の供述調書はドイツ語で書いてください。」
なんて、言って、煙幕をはったのでしょうねえ………取り調べた警官が、こりゃあ、あかんわ!って、大阪弁で言ったとか、言わなかった、とか。
デリダがハイデガーをあまり好きではなかった、ってのは、本当らしいです。
バタイユは、禁忌の意味が一寸ほかの人たちと違って理解?していた形跡があります。
根拠?
なぜ?他ならない私が示さねばならんのだ?
なぜ?

僕は、叙情的であることを潔しとせず、はっきり・きっぱり、スコラ的であろうと思うのです。

はははははははははははははは。

よーするに、下品な、僕。
反省だらけの半生に飽きた。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク