けいよん、と、黄色い猿、と、テキトー文化アメリカ版、と。かな?ついでに、サムソンかな?

けいよん、で、エエよん。
なんちゃって!

僕は、歳の割には背が高い方だと思います。
で、
インスパイアがいっちゃん身体にフィットしていたのです。
フィットです。ふぃっと!(=一部ホンダ・マニアには受けます。)

黄色い猿の怖さは、「韓国に丸投げ」 や 「中国で安くあげ」 では払拭できないのだよ………
あ、
さて、
「効率」
について考えてみようよ!?
橋下などの 「すでに何かを得た人達」 は、
政治的な
「アホ」 を利用しまくるのですぅ。
テメエも 「効率良く切り捨てられる『個』」 であることすら忘れてしまっている………

戦後の日本のエエところは、
「敵の思想を利用して、実利を生む」という、こってす。(=小沢風に。)

イギリス式会計簿記の基本部分は、実は 「和算」 であった。という話を僕は父親から聞かされたのですぅ。
毛頭?
出来るわきゃあ、なかろうが!
って、親父のセリフでした。
「戦後」 を駆け抜けてった、新自由主義になる前の 「おとこ」 達………
詳しくは、宮田なんとかの小説を読むように………

しっさしぶりに 「仕事」 をしてますがな………

はははははははははははははははは。

疲れる精神労働。別名:捕り憑かれる電子テキスト地獄。
憑かれたから、
お祓いですぅ。
アブラウンカンソワカ
アニソワカ
とりゃああああああ。

電子テキストって、きつくあたるのね。(ウフッ!)

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク