前提

きっこのブログ を読んでいて、ふと思ったんです。
Die Eule der Minerva beginnt erst mit der einbrechenden Dämmerung ihren Flug.
です。ヘーゲルの有名な言葉です。法哲です。
ミネルバのふくろうは夜飛ぶ。 です。

全共闘病ってのは、相手に自分と同じか何かの主体性が存在しうる、って、考える病気です。

抜け道があったら、悪いことをしないと政治屋みたいなうまい汁を吸えない娑婆じゃあないですか?
違いますか?

マルクスがどうのこうの以前の問題として、ルソーの頭のあるいは経験した、もしくは実感した 「市民」 にはアボリジニは含まれません。
したがって、
全否定するのです。い、石が飛んでくるぅ。

しっかし、きっこ姐さんは素敵です。大ファンです。
ネットの片隅で、小さく、アノニマスとして、が、頑張れ!って、言ってしまうじゃないですか!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク