ある名前のファイルは

 
フロントページ2003のスライドショー自動スクリプトから除外される。
 
しかも、ある環境でである。
 
早速、バイナリエディタで調査?
 
アドビである事だけは確かである。
 
この辺が、ルーチンワークでしか知り得ない事実である。
 
ちなみに、同じファイル名で、アドビを全く通さなくても、同じ問題が起きる。
 
マックぼ旧OS時代のファイル名の不思議と同じである。
 
裏でXを走らせた、8.6の時からの問題である。
 
つまり、デスクトップコードとコンフリクトを起こしそうなユニコード体系を持つ文字列は、制御コードとして認識してしまうのである。
 
面白いから、実験する。
 
仕事よりも、ハッキングよりも、ユニコード体系とコード制御の関係の絶対性は面白いのである。
 
「関係の絶対性?」
 
文学部の諸君しか知らないのである。
 
詳しくは、吉本隆明先生に訊いてくれ!
 
たぶん、「知るか!そんなもん!」
 
って、言われるから………
 
ビスタへの切ない想いの私でした。
 
間違えないでくれ!
 
「想い」って書いている。
 
「思い」 ではないのである。
広告
カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク