我が尊敬するデザイナーが………

80歳近い、と言ったら叱られるかもしれないが、そんなご老人がマックでDTPである。
しかも、フォットショップに対する質問が、的を射ているのである。
私が耳にしたのは、レイヤーの処理である、それとは別に、今日は他の人から 「ぼかし」 処理を熱心にメモを取って訊いていた、と言う話を聞いた。
しっかり 「的」 を射抜いているのには驚かされる。
私は、すげえおっさんというのはそう言う人だと思っている。
 
年齢的にはぐっと若く、50代だが、
たった一人で20台以上のウィンドウズを繋げ、見事に 「業務」 に生かし切っている友人もいる。その業種の 「見え方」 を根本的に変えたのだ。
それも、すげー!と思う。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、私に仕事を回してくれる。
そのことだけでも、すげー奴、なんである。
ただ、ただ、感謝である。
 
それに比べ、私は、
若い技術者や、開発者を 「いたぶる」 ことが 「趣味」 みたいな、嫌な奴である。
嫌な奴、も成りきれれば、たいしたものなんだが………
嫌な奴で終わってしまいそうな自分が
大嫌い
だ!
 
精進しよう。
でも、私が 「精進」 したら、それはそれで、
気持ち悪い
って?
 
がんばろうと思える雨の木曜日、
一人で仕事場でうらぶれている。
 
明日には、きっと、良い事あるさ。
 
スルー、出来ると、信じよう。
カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク