SONYのバッテリーについて

ノートのかなり古い物(型番忘れたB5版であることは確か)のバッテリーに、余計な事をした結果。思わぬ収穫があった。
ケースを外してリチウム電池をテスターで計測すると異常がみつからないのだ。
それで、ひょっとして、と思い、電池を外した状態で電源をさしこみ、スイッチを入れずにそのまましばらく放置。
バッテリーもなるべく風通しの良い場所で、しばらく放置。(つまり、内部の電気を自然放電させるのだ。)
次に、
バッテリーを差し込み、26時間充電。トータル26時間では駄目で、連続26時間である。
例によって、理由は追及しない。
 
みごと、買った時の状態にほぼ近い時間モバイルで使用可能になった。
ちなみに、裏面のリセットスイッチは押してない。
 
OSを2000まで上げて?サービスパックをインストール。
で、ネットにつなぎ、アクロバットリーダー7をダウンロードしようとしたら、途中でこける。
仕方がないので、アクロバットエレメントCDからリーダーをインストール。
 
起動して、安定するまでの時間を我慢すれば、まだまだ、使える。
1年もってくれたら、私の存在理由もあるというものだ。
カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク