XCPから読み取るもの

まずは、直接は関係ないけど、いずれ関係してくるから
 
 
を観て、感んがえ込んでしまった。
 
文章を 読ませる努力 の欠如は、デベロッパーの努力の放棄から始まる。
 
つまり、一円でも多く払いたくないのである。
細かく延々と書いてある承諾書なんて、誰が読むんだ!
電気小僧の法律逃れ、のような気がする。
そんなに書かなきゃいけないソフトやOSを競争社会の原則だからって、いい加減な態度で大衆に渡すなよ。
 
悪い奴には、悪い事をやっても押さえつける。という、誤った発想は、相手に華を恵んで上げるようなものであろう。
そしてまた、その毒が自らも滅ぼす毒であると言う事実はどうするんだろうか?
きっと。下らない社員の猿知恵だったんだろうなあ………
 
毒を持って毒を制する、みたいな発想は、日本には基本的に馴染まない筈だった。
 
リアルなんとかの支払方法への努力の回避に、電気小僧の胡散臭さを感じないだろうか?
システムを直すのにどれ程のボランティアをしたことか!
 
アンインストールだけでは駄目なようなソフトを配るなよ!
面倒くさい だけ だから。
バーチャルPC上の フリーBSD で起動しているアパッチみたいなもんである。
アラモの砦のように、援軍の到着まで野放しかい?
 
アジアの果ての猥褻な国?日本の黄色いサルに対する態度には、人間としての優しさのかけらも無い。
まるで、フリーメイソンが 「貴方だけは特別だよ」 なんてうそぶいて近づいて来るのに似ている。
必ず、裏の裏がありそうで、嫌だ!
フリーメイソンが日本人なんて本気で仲間にする訳が無いじゃないか!
せいぜい語学力を利用されるだけだ!
 
なんだか、日本の 電気小僧 の胡散臭さをこの年で実感するとは思わなかった。
文科系で良かったあ!って、心の底から思っている。
 
理科系にこそ、徹底的な情操教育と哲学を!
 
ってのを、
 
団塊のステータスシンボルにボランティアエコ意識を!
 
ってのと一緒に掲げようか…………
 
打ち(書き)間違いがあった。
カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク