イラレCSの新機能について

ネットに繋いであれば、結構使えるし、快適に動くけれど………
つまるところ「創造力」の問題のような気がする。
若ければ「創造力」が豊かなのか?と言えば、そうでもないし、
娑婆のしがらみにがんじがらめである年老いたデザイナーが優れたものを作れる訳でもない。
ただ、プレゼンを「通す」政治力だけは優れている。
 
若者よ、もう少しの辛抱であるぞよ!実際の団塊の馬鹿どもの影響力の退化は、現場を離れると加速度的に早くなるから、ご安心を。
ただ、最後のあがきを「何もせずに」見過ごしてはならない。
新しいアイデアを次から次と提示して、振り回してあげればいいのである。
そうすると、彼等団塊の馬鹿は、もうすぐ終わる、とかなんとか言って逃げ出すに違いないので……
もう少しの辛抱だよ!
 
ウィンドウズで色管理をしようとすると、グラフィックボードの高めの物を買わないとうまくいかない。
あいかわらず、マック環境との全体的な「価格差」は余り変わらない。
つまり、自作マシンでも、結構高く付くのである。
同一世代のマシンとOSならば、あまり価格差は出てこないのだ!
 
フォントの先行きも何やら怪しくなって来ているし、考え込んでしまう。
 
以下ヲ欠ク………
カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク