SBS2003をボランティアでセットアップの巻

非営利団体のためにボランティアでインストールしてあげなければならなくなった。
後々のメンテナンスの費用を考えると
フリーBSDのほうがいいよ!って言ったんだが、
なんと!フリーBSDをボランティアでビルドする奴が地方都市では皆無なんだ!
意外と意外で、びっくりしている。
もし、仮にいたとしても、ある意味で金の亡者なんだろうなあ?なんて、昔の知り合いを想像して、勝手にイメージを作っている。
根底には「俺はこんなにネットを知ってるんだ偉いでしょ」なんて餓鬼の父親威張みたいなのがあった。
案の定GPLなんてのはストールマンの苦しい言い訳だったのかなあ?
どうでもいいけど、SBS2003の販売戦略はどっか間違っているような気がしている。

アドビはアドビでマクロメディアを買収するそうだし………そうなったらPDFとフラッシュの融合があったりして………ページメーカのインデザインへの昇華よりも良さそうな気がするけど………
サンマイクロはどうなってしまうんだろうか?
なんとなくジャバって言葉のアクセントが好きなんだけれど………

でも、仮に仕事でインストールしなければいけなくなったら、どんな責任をどう取ればいいのか?
皆目解らないのである。

 

 

カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク