森昭雄教授

反対意見の「変質」性がむしろ問題のような気がする。
もちろんかの「教授」の科学的態度にも問題があるようだが………
変質的に反論しているのを読んでいると、おまえゲーム業界からいくら貰ってるんだ?
なんて聞きたくなる。
リナックスの本道に反しているような気がする。気のせいかな?

回りの状況を見れなくなる傾向は確かに存在するが、それはゲームに限定的なものではない。むしろ、コンピュータという「箱」に特性があるような気がする。
さすがに、かの教授もそこまでは言えない。言える訳がないのである。
教授なんてものは、資本主義の滓(カス)を食らって生きているにすぎない。なんて、私の友人なら言うに決まっている。

科学的な証明が「神様」なのかい?そんなものにどれほどの価値があるというんだ!

自分に取っては価値あるものも、他者にはそうではない!と言ってしまえばお仕舞いなんであろうと思われる。

カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク